化粧水で乾燥肌対策をしよう|保湿のちから

成分と女性ホルモン

スキンケア

敏感肌の人はミネラルオイル、ワセリン、油脂が入っている化粧品を使わないようにします。ただし、油脂は上質の植物油であれば、むしろ効果的です。女性は女性ホルモンの量が少なくなると敏感肌になりやすいので、低刺激の成分やセラミドが入っている化粧品を使いましょう。

More Detail

乾燥に強いスキンケア

肌の手入れ

乾燥肌やインナードライ肌を改善するには、日々のスキンケアを正しくすることが大切です。洗顔やクレンジングは毎日するものであり、スキンケアの基本です。どちらも肌に負担をかけないようにやさしくすることが乾燥肌対策になります。

More Detail

肌トラブルの要因

化粧品

多くの方が悩む症状

乾燥肌は、季節を問わずに多くの方が悩みを抱えるトラブルです。乾燥肌を放置すると、肌荒れ、シワ、シミ、たるみなどの様々なトラブルを引き起こします。乾燥肌を招く要因として最も考えられるのは、間違ったスキンケアによるものです。例えば、肌の汚れをしっかり落とすために、洗浄力が強い洗顔料で洗う行為です。強い洗浄効果で、肌の潤いを保つ皮脂まで一緒に除去することになります。その結果、肌に大きなダメージを与え、乾燥を助長していきます。それと、洗顔時に熱い湯を使うことも間違っています。ほとんどの方は、寒い冬になると熱いお湯で顔を洗っています。しかし、熱いお湯は皮膚を守る皮脂を簡単に剥がしてしまいます。なので、さらに乾燥が悪化してしまいます。乾燥を防ぐには間違ったスキンケアを治して、保湿効果のある化粧水でケアする事が大事です。

効果的なケアの仕方

乾燥肌を解消する方法として有効なのが、保湿性の高い化粧水でケアする事です。ヒアルロンさんやセラミドが配合されている化粧水は、保湿効果が高いです。その理由は、肌の保水効果を高めて潤いを与える効果があるからです。保湿効果の高い化粧水でケアすると、肌に潤いを与えて、ハリを甦らせてくれます。化粧水でケアした後は、必ずクリームで皮膚からの水分の喪失を防ぐ事が大事です。クリームはべたつくので嫌だと言う方も多いです。しかし、化粧水で保水した後にクリームを塗らないと、皮膚が無防備な状態です。なので、肌の角質層からどんどん水分が蒸発してしまいます。

美容面での乾燥対策

鏡を見る女の人

乾燥肌はそれ自体がしわを生む原因にもなり、更にかゆくなって傷つけるなどの間接的な問題にもつながります。スキンケア商品はほとんどが保湿効果を持つので、湯気でうるおいが生じる入浴との組み合わせで乾燥肌の改善に役立ちます。

More Detail