化粧水で乾燥肌対策をしよう|保湿のちから

乾燥に強いスキンケア

肌の手入れ

洗顔とクレンジングのコツ

どんな人でも毎日するのが洗顔です。お化粧をする女性ならそれに加えてクレンジングもする必要があります。洗顔とクレンジングが間違っていると乾燥肌になります。洗顔もクレンジングも毎日するものだけに、正しい方法で行うことが大切です。洗顔は洗顔フォームよりも固形石鹸のほうが洗浄力が弱くて皮脂を落としすぎないので、乾燥肌対策におすすめです。しかし、石鹸で洗っても熱いお湯で洗い流すと乾燥肌が悪化します。洗い流すときは、水か人肌程度のぬるま湯を使うのがポイントです。クレンジングはホホバオイルやオリーブオイルで優しくふき取るようにすると負担を軽減出来ます。オイルには潤いを与える効果もあるので乾燥肌対策になります。

インナードライ肌とは

最近は「インナードライ肌」の人が急増していると言います。インナードライ肌とは、表面上は普通肌や脂性肌だけど、内部が乾燥して水分不足状態の肌質のことです。顔がベタベタして脂ぎっていると、普通は脂性肌だと思って脂性肌用の化粧品を使って対策をします。また、一日に何度も洗顔をしたり、油取り紙を使って顔の油を取ったりします。しかし、実は内部が乾燥しているインナードライ肌の状態だと、そうした対策が逆に症状を悪化させているかもしれないのです。インナードライ肌を見分ける方法はいくつかあります。洗顔をしてしばらく置いてみて、突っ張ったままだとインナードライ肌です。また、ニキビがあまりできない、肌がごわつくという人もインナードライ肌の可能性があります。